バスツアー

旅行会社にツアーを申込みするときに確認したいことは

通常はツアーへ申し込みの場合は旅行代理店などの行うツアーへとなるのでしょう。これは、業者が旅行の行程を組み立ててパンフレットなどで参加者を募集するからです。
このパンフレットには、ツアーの日程や料金、旅行内容が明記されています。
そして、パンフレットには変更や取消の場合の条件も書かれています。
つまり、パンフレットにはツアーの契約内容が書かれているのです。
ツアーを申し込むということは、書かれている条件を承諾したことになります。
後でトラブルにならないためにも、旅行内容だけでなく契約内容もしっかり確認しておくことが大切です。

 

旅行の契約は原則としてツアーの場合、旅行社がそのツアーの申込みを承諾して申込金を受け取った段階で契約が成立します。
預り金の場合には契約は成立していません。
契約が成立すると、取消の際に取消料が発生するので申し込む前にはそのツアーでよいのかしっかりパンフレットに目を通しておくことが大切です。
取消料は旅行開始日が近づくほど高くなるので、取消の必要が生じた場合には早めに連絡しておきましょう。

 

日本では旅行業を行う際には必ず登録が必要です。
そのため、旅行会社は必ず登録番号を持っており、その番号の提示が必要です。
パンフレットなどに登録番号が書かれているかどうかを調べておくようにしましょう。
また、パンフレットにはツアータイトルや目的地、バスや鉄道、船舶、飛行機などの利用運送機関などが書かれているので確認しておいてください。
旅行会社にバスツアーを申込み、楽しい旅行にするためにはパンフレットの内容を事前に確認しておくことが重要なのです。