バスツアー

エコツーリズムが話題

エコツーリズムが話題となっているのは、世界全体で環境破壊・地球温暖化が問題となっているからです。
環境破壊・地球温暖化は生態系を破壊し、大型台風の増加、海水面の上昇、オゾン層の破壊による紫外線の増加など様々な悪影響を地球上にもたらしています。
旅行においても地球環境に配慮した行動が求められており、その考え方をエコツーリズムと言います。

 

エコツーリズムとは、資源の確保と観光の両立、地域振興を目指します。
その考え方は地域の歴史や自然、文化などの地域資源を生かした観光とすること、その観光によって地域の自然や環境が損なわれないための保護および保全に努めることが必要です。
さらに、地域資源を守ることで地域経済の発展につなげます。
このエコツーリズムの考えに沿ったツアーがエコツアーです。

 

このエコツアーの1つに天ぷら油リサイクルバスを利用するツアーがあります。
有限会社リボーン<エコツーリズム・ネットワーク>は、天ぷら油リサイクルバスを利用して目的地に向かいます。
目的地では稲刈りを行ったり、環境教育施設の富士エコパークビレッジでの体験があるツアーなどがあります。
自然環境をしっかりと体験し、持続可能な社会を考えるツアーが行われています。

 

H.I.Sにもエコツアーが多くあります。
国内では、屋久島の森の息吹や縄文杉の歴史を感じるツアーなどがあります。
海外エコツアーには、ボルネオでのバードウォッチングなど様々なツアーが行われています。
旅行先の自然・歴史をしっかり学習し、現地で植林などボランティア活動を行うなど自然を残す大切さを感じてください。